介護福祉士の需要はあがっていく?

介護福祉士とは、介護等を主とした社会福祉業務に携わる人の国家資格です。
介護福祉士の資格を取得できる学校へ通うか、介護実務経験が3年以上などの実務経験を有する者や所定時間の研修を受けた者が介護福祉士国家試験に合格すると、介護福祉士になることが出来ます。
高齢化社会が進むにつれて介護福祉士の必要性は高まっていますが、要員は足りていないのが現状です。
女性の介護福祉士が多いのですが、力が必要な仕事もあるので男性の介護福祉士のニーズも高まる一方です。
しかし、低賃金というのが介護福祉士のなり手が少ない、離職率が高い大きな理由であるようです。
要員が足りないとさらに現場が大変になってなり手が減る、という悪循環に陥っています。
対策として、介護報酬の引き上げや外国人の介護福祉士池入れなどの改善、規制緩和が検討されています。