保証人の要らないローンって?

一般的に事業ローンで多いのは、第三者の保証人がいらない、そして無担保というものです。
担保として不動産や預金などを提供する必要がなくお金を借りられるのが、無担保のメリットだといえるでしょう。
金利が高く、借り入れ金額も、有担保事業ローンに比べると少ないといいます。
最長借り入れ期間が短いなどのデメリットもあります。
返済プランや、資金などをよく考えて、無担保にするかどうかを、事業ローンを組む場合には決めましょう。
実際に事業ローンを組むときには、ノンバンク系と銀行系との二つから選択することができます。
逆にすぐに必要な場合は間に合わないという事態になることも、審査に時間がかかることが多いためあるかもしれません。
銀行系に比べると金利が高く、借りられる金額も少ないですが、審査の時間が短く、短時間でお金を借りることが出来るのが、ノンバンク系です。
事業ローンを組む場合、担保ありか、担保なしか、自分の用途に合わせて選びましょう。