クレジットカードで貯まったポイントはどう使うの?

ゴールドカードはクラッシックよりも高い付加価値が与えられているので通常会員が利用できないサービスを受けることができます。
審査基準には年齢制限や年収制限などの厳しい審査がありましたが最近では、プラチナカードなどの登場で基準が緩和されてきました。
この会員が享受できる特典はいろいろありますが、一例としては劇場などのチケットの手配、専用の会報誌の提供などがあります。
会費が不要になるものもありますが、これは一般会員の中から企業側が選出した人だけが「お誘い」を受けるシステムなので、自発的に申し込んでも受け付けてもらえません。
更に一定金額以上の利用で年会費が0円になるものもあり、三菱東京UFJ銀行の三菱東京UFJ-VISAゴールドでは年間100万円の決済で適用されます。
クレジットカードはショッピングの支払い時などに財布から現金を取りだす必要なく支払いが出来るので持っていると安心出来るカードです。
そして、買い物の支払い時だけでなく公共料金の支払いも出来ます。
(もしカーオーナーであれば)ETCつきクレカを利用して支払いをすると知らない間にカードのポイントが貯まっていたりするのでポイントの為に支払いをクレジット指定にする人もいます。
ETCつきでポイントもたまって節約できますね! ところが、クレジット指定にすると口座振替とは違い月の割引が無くなる事があります。
買い物の支払い時などに1枚あるととても便利なカードがクレジットカードです。
現金を取りだす必要なく、カードで支払いが可能です。
色々な会社がクレジットカードを出していますが基本的に、カードは使えば使うほどカードにポイントが貯まっていきます。
ポイントの使い道は色々ありますが請求が来た時に貯まったポイントを使ったりいっぱい貯めて豪華賞品と交換すると言った事も出来ます。

クレジットカード申込みウソ記入ダメ?真実を正確に!【バレる時って?】